学力に現状維持はない

学力に現状維持はない

Share on facebook
Facebook
Share on twitter
Twitter

何もしなければ忘れる

定期テストの結果を見ると、前回のテストとほとんど同じ点数だったということがあります。

一般的には、今回は現状維持だったといった評価をされますが、学力においては現状維持という考え方はふさわしくないと考えています。

人は時間が経つとともに忘れていくため、当然何もしなければ学力は低下します。

逆に勉強を重ねるうちに知識を蓄えることで学力は上がっていきます。

つまり、時間の経過がある以上、学力は常に上下を繰り返しており、一定であるということはありません。

定期テストの点数が前回と同じだったということは(テストの難易度により一概には言えませんが)、その時点で求められる学力の到達点が前回と同じ水準だったというだけで、そこに至るまでのアップダウンの過程は人によって異なるはずです。

すぐには上がらない

学年が上がるごとに学習内容は難しくなっていくため、学力を上向きにするために必要な労力は段々と重くなっていきます。

新規学習内容を理解するための土台となる学力が必要となる場面が多くなるためです。

高校生はもちろん、中学生でもテスト直前だけちょっと頑張る程度では、日常の勉強をおろそかにして下降した学力を前回と同様の状態に戻すことすら難しいでしょう。

学校での勉強についていけなくなってから塾に通っても、すぐに見違えるような成果が出ないのは主にこれが原因です。

受験生になる自分へ

また、純粋な知識量で見ると、前回と同じ点数だったとしても、新規学習内容分だけ知識が増していると考えられ、総合的な学力はプラスになっていると言えます。

逆に、小さな学力の下降の繰り返しによって、新規に覚えた内容より忘れてしまった内容の方が多くなり、総合的な学力としては上昇分より下降分の方が大きくなっているかもしれません。

この点から見ても、やはり学力に現状維持という表現は合いません。

この小さな下降の積み重ねは受験生になったときに強く実感として現れるでしょう。

1,2年生の方は将来的な苦労を減らすため、現在の学校の進度に合わせた勉強に加え、「過去にやった学習内容を思い出す」という工程を少しだけでも入れると、3年生になった未来の自分が感謝してくれるはずです。

個別学習塾FOCUS01(フォーカスワン)は町田市鶴川にある、点数アップに強い学習塾です。
真光寺中・鶴川中・鶴川二中・金井中をはじめとした中学生と鶴川近辺にお住いの高校生の指導を行っており、「1教科突破型学習」による学力アップを実現します。定期テストの点数アップに向けた指導はもちろん、高校入試と大学入試の対策も行っています。苦手科目を克服したい、得意科目を伸ばしたいといった方や、部活や習い事も頑張りながら効率よく勉強をやっていきたいという方は大歓迎です!志望校合格へ向けて一緒に頑張っていきましょう!

塾の特徴について記載しています!ぜひご覧ください。⇒教室長挨拶
無料体験授業のお申し込みはこちらから!⇒お問い合わせ

教室ブログ

既存の知識との関連性

いきなり暗記しない 授業において、スムーズに理解できる子に共通する特徴として、既存の知識との結び付けが早いことが挙げられ

続きを読む