ケアレスミスは実力不足の言い訳に使われがち

ケアレスミスは実力不足の言い訳に使われがち

Share on facebook
Facebook
Share on twitter
Twitter

うっかりのレベルを超えている

中学生組は先週がテスト週間だったため、今週は返却ラッシュとなります。

最近耳にすることは減ってきましたが、ある有名な言い訳をつぶすために先出しします。

「ケアレスミスが多かった」は私が嫌いな言い訳の中でも上位にきます。

ケアレスミスという言葉を選択する背景には、解ける実力はあるはずなのに今回はたまたまできなかっただけという逃げの思考が見えます。

自分は本当はもっとできるはずだという考えを持つこと自体は悪くないのですが、それを保身のために利用すると、そこから先の発展性がなく、ミスしなくなるほどの練習量を確保するという思考に至りません。

また、ケアレスミスを言い訳にする人はたいていミスは2つ以上です。

100点満点の分量のテストで複数のケアレスミスが発生しているのであれば、それはもううっかりのレベルを超えており、はっきりと実力不足と言えます。

1問ミスの重み

最近の私の口癖ですが、1問ミスすることの重みを知ってほしいとよく口にします。

東京都立高校入試問題を例にすると、原則数学は1問5点です。

計算するだけの簡単な問題も、様々な知識を組み合わせた応用問題も同様に5点です。

単純な計算を1つ間違えただけで、その5点分をどこかで取り戻さなければいけません。

ちなみにこの5点は、数学の内申を1上げるよりも配点が大きいです。

入試本番はミスしないようにちゃんと気をつけるから大丈夫なんて声が聞こえてきますが、普段の練習から気をつけていない人が入試本番だけ卓越した注意力を発揮するなんて不可能です。

学力トップ層は別ですが、その他の子は難しい問題を解けるようにするよりも、解けるはずの問題をミスなく取り切ることが点数アップへの一番の近道でしょう。

入試問題の解答は基本的に○か×であり、一部の記述問題を除き、おしいという判定はありません。

学校の定期テストから、自信を持って解答できる練習量を確保し、ミスしないように解く習慣をつけて入試本番に臨めるようにしましょう。

個別学習塾FOCUS01は町田市鶴川にある学習塾です。
真光寺中・鶴川中・鶴川二中・金井中をはじめとした中学生と鶴川近辺にお住いの高校生の指導を行っています。「1教科突破型学習」による学力アップを実現します。苦手科目を克服したい、得意科目を伸ばしたいといった方や、部活や習い事も頑張りながら効率よく勉強をやっていきたいという方は大歓迎です!志望校合格へ向けて一緒に頑張っていきましょう!

塾の特徴について記載しています!ぜひご覧ください。⇒教室長挨拶
無料体験授業のお申し込みはこちらから!⇒お問い合わせ